AGA(男性型脱毛症)の治療方法

AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはいろんな方法があるのです。

まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬はAGAの改善に的確な効果を出します。それに、効果が認められている外用薬としては、フロジンとかミノキシジルといった薬がよく使用されています。

他の方法では、有効成分のメソセラピーを注射器で直接頭皮に注入する、というやりかたもあります。

その他にも、HARG療法、自毛植毛といった方法を症状や予算にあわせて選べます。家系は若ハゲなので、早くも薄さが際立ってきました。

最近では治療薬で脱毛治療が可能といううわさを聞いて、急いで調べてみたのですが、プロペシアしついて知ることができました。それはいい素晴らしいと思い、深く調べたら、強いデメリットもあるらしいので、まだ使用する勇気が持てないでいます。
男女問わず薄毛に悩む人は多く、育毛剤も色々な種類が売られています。

ところで、国産の育毛剤の成分を見ると多くの場合、グリチルリチン酸ジカリウムという、日常生活ではあまり聞くことのない成分が使われています。

グリチルリチン酸は、漢方薬で知られる甘草(カンゾウ)の根や茎の部分に含まれていて、強い甘みがあるのですが、グリチルリチン酸にカリウム塩が合わさると、抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つようになり、医薬品として広く利用されています。

育毛剤としての効き方ですが、これを頭皮につけることで、頭皮トラブルよる抜け毛、その大きな原因となりやすい頭皮の炎症を抑えて、フケやかゆみを鎮めてくれます。
グリチルリチン酸ジカリウムの配合された育毛剤は、抗炎症作用で頭皮に働きかけ、健康な状態の維持を期待するものです。

育毛剤の使用は初めてなので、まずは、様々な商品をチェックして、最も効果があると思われるM-1ミストを選んでみました。さすがに、毛が後から後から生えてくる、といった感覚はないものの、抜け毛が気にならなくなって来ているのは本当です。

M-1ミストを使用し続けている内は、抜け毛が増えることはないと思います。

頭皮へのマッサージが育毛にいいといわれていますが、本当に正しいことなのでしょうか?これは真実ですので実践した方がいいです。

程よくマッサージすることで固くなってしまった頭皮をほぐし、血の巡りをよくすることができます。血の巡りが良くなると十分な栄養素を頭皮まで送ることができ、髪が育ちやすい状態を保つことができるのです。